iPhone(アイフォン)修理 新橋

iOS13が発表!どんな機能が追加されるのか?? iPhone(アイフォン)修理 新橋なら駅近のスマホスピタル新橋駅前店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 新橋
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 品川高輪口
  • オンライン予約はコチラ iPhone(アイフォン)修理 品川高輪口
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 品川高輪口

iPhoneお役立ち情報

iOS13が発表!どんな機能が追加されるのか??

[2019.06.19] スマホスピタル新橋

「iOS13」がリリース!

Apple製品を動かすOSである「iOS」は、毎年秋ごろ・新型iPhoneがリリースされることに、新バージョンが公式公開されます。

そして、毎年6月ごろAppleが開催する「WWDC(世界開発者会議)」にて、その新iOSの事前紹介・発表が行われるのです。

そして今年も、新iOSである「iOS13」に関する情報が、WWDC2019にて発表されました。

 

どんな機能が追加される?

新iOSということで、過去iOSよりも改良された動作・パフォーマンスが提供されるのはもちろんのこと、

これまでにはない新機能が複数利用可能になります。

その中から、特に注目度が高そうなものをご紹介します。

 

・ダークモード

Androidでは既に利用可能な「ダークモード」

他にも、WindowsやmacOSといったPCでは、利用が始まっています。

そのため、iPhoneを含むiOS端末でも導入が期待されていた「ダークモード」が、

iOS13より遂に利用可能となります!

 

そもそも「ダークモード」って何でしょうか?

iPhoneを念頭に置いてごく大雑把に言ってしまえば、

「黒などの暗い色を基調とした画面表示」

となるでしょう。

現在、白を基調とした背景に様々な色のアイコン・文字が表示されているのが、

iPhoneを含むiOSの基本デザインとなっています。

これを「黒を基調とした、暗めの色調の表示」に切り替えられる機能が搭載されるわけです。

 

「え?画面の色を暗い色にするだけ?たったそれだけ?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、「ダークモード」は画面の色合いを暗くする以上の意味合いを持つ機能なんです・・・!

 

ダークモードのメリット1:暗い場所が画面を見る時の、眼への負担が軽減される

現在主流となっている「白を基調とした明るい背景」の画面は、

昼間や灯りによって明るい室内で見る分には、見やすくて便利です。

しかし、日の落ちた夕方・夜間や、灯りの少ない暗い室内などで、

白の強い画面を見続けていると、眼が疲れてしまいます。

たとえ、画面の明るさを落としたとしても、画面に表示されている白い色味そのものが、

周囲の暗さとミスマッチで、眼への負担は避けられないことでしょう。

そこで、画面をダークモードに切り替えることで、

暗い環境で画面を見た時の眼への負担を軽減させることができると期待されています。

iOSで現在も提供されている「Night Sift」と同じく、

この「ダークモード」も特定の時間で作動するようにスケジューリングすることができると言われています。

夜間にiPhoneを操作することが多い方は、きっと恩恵を得られることでしょう。

 

ダークモードのメリット2:機種によっては、端末の消費電力を抑えられる

AndroidではiPhoneに先駆けて、有機EL(OLEDディスプレイ)を搭載した機種がリリースされています。

そして、iPhoneX以降、iPhoneでも遂に、有機ELが採用されるようになりました。

昨年発表されたiPhoneXsやXs Maxにも、Xと同じく、有機ELが搭載されています。

そのため、iPhoneでも画面は有機ELが主流になってくることでしょう。

実は、有機ELディスプレイの表示特性と、このダークモードが、うまくかみ合うんです。

ios-update-1-718x425-300x178 iOS13が発表!どんな機能が追加されるのか??

 

有機ELディスプレイでは、内部のカラーピクセルがそれぞれ独自に発光することで、様々な色味を実現しています。

光の三原色である赤・青・緑を組み合わせて、多彩な色が表現できるわけですね。

では、この有機ELディスプレイで「黒」を表示させるには、どうしたらいいんでしょう。

そう、カラーピクセルを発行させなければいいのです。

つまり、有機ELディスプレイで黒が表示されている時、その部分は発光していないと言えるのです。

 

そうなると、黒が多ければ多いほど、

発光していない部分が多くなり、それだけ表示に必要な電力を使わなくて済むというわけです。

そのため、有機ELディスプレイ搭載のiPhoneでダークモードを利用すれば、

使用電力を抑えることができ、バッテリー消耗を抑えることができると期待されているのです。

 

 

ちなみに、iPhone8シリーズまでの機種やiPhoneXRに搭載されている液晶ディスプレイでは、

バックライト(画面の背後から照らす光)をフィルターで遮断することで、色味を再現しています。

そのため、黒であっても画面そのものは光っているため、

ダークモードにしたからといって消費電力が抑えられるとはいかないようです。

 

Sign in with Apple

例えば、Facebookでアカウントを持っていたら、

Facebook以外のアプリケーションなどで「Facebookアカウントでログイン」という機能を使うことができますよね。

いちいち新たにアカウントなどを設定しなくても、

既に利用しているサービスのアカウント情報で別のサービスを使い始めることができるという便利さがあります。

こういった機能は「シングルサインオン機能」などと呼ばれることもありますが、

いわばこれのAppleIDバージョンが、今回発表された「Sign in with Apple」なんです。

 

既にお持ちのAppleIDをそのまま利用して、第三者的なサービスにログインできるというわけです。

AppleID自体は、TouchIDやFaceIDなどで簡単に認証することができるため、ログイン時の入力も簡単に済ますことができます。

そして、この「Sign in with Apple」の特徴は

「第三者サービスへのログイン時などに、Apple側で独自に、ランダムな文字列から臨時のメールアドレスを生成してくれる」点です。

Facebookであっても、Googleであっても、AppleIDであっても、基本情報とあるメールアドレス。

通常、何らかのウエブサービスを受けようと思うと、アカウントを作る必要があり、

アカウントを作る時にはメールアドレスを入力する必要があります。

そうは言っても、実際に使っているメールアドレスを入力したくない時もありますよね。

そんな時に、「Sign in with Apple」なら、自動生成された臨時メールアドレスを入力してくれるので、

本当のメールアドレスをサービス提供元に知られないままサービスを受けることができます。

なお、そのサービス提供元からメールなどが来た場合は、

Appleが本来のメールアドレスに転送してくれるとのこと。

Apple自体は、ユーザーの情報を暗号化していることが多く、(つまり、Apple自体も把握できない)

AppleIDに関する情報が第三者に漏れる心配もなさそうです。

シングルサインオン機能を使う時のセキュリティも強化されそうですね!

 

iOS13でも、サポート対象外の機種あり!

新しいiOSがリリースされる時、古い機種の中にはサポート対象外になる機種が出てくることがあります。

過去直近のメジャーアップデートを振り返ってみると、

iOS10がリリースされた時にはiPhone4Sがサポート対象外となりました。

そしてiOS11がリリースされた時には、iPhone5と5cが同時にサポート対象外になりました。

iOS12がリリースされた時には、サポート対象から新たに外れた機種はありませんでしたが、

iOS13がリリースされる時は、サポート対象外になる機種が出てくるのではないかと推測されていました。

 

そして、iOS13では、iPhone5s・6・6Plusがサポート対象外となりました。

一部ではiPhone5s・6・6Plusに加え、SEや6sまでもが新iOSのサポート対象外になると報じられ、にわかに物議を巻き起こしましたが、

SEや6sシリーズはiOS13サポート対象に残りました!

 

新しいiOSがリリースされたからさっそくアップデート♪その時に注意すべきことって?

6月に発表されたiOS13は、いわば開発者向けに交換されたプレビューバージョンです。

この後、β版公開などを経て、今秋には一般ユーザーに向けて公開されることでしょう。

サポート対象の機種をお持ちであれば、秋からはiOS13をご利用いただけます。

新しいiOSがリリースされた時も、現在のバージョンのマイナーアップデート版がリリースされた時も、

iOSのアップデートを行なう前に注意しておきたいことってあるんです。

ここでは、その注意点をご紹介します!

 

①念のため、データのバックアップを事前に取っておこう!

実は、iPhoneのアップデート中に何らかのエラーが発生すると、

iPhoneのアップデートが途中で止まってしまって、使用できなくなることがあります。

「iPhoneをアップデートしたら、進行バーが途中で止まってしまって、いくら待っても起動しない」

といったご相談は、スマホスピタル中津店でも定期的にお受けしております。

当店でも、そういった端末の復旧作業を承ってはいるのですが、

残念ながら初期化せねば問題が解決しない端末も存在するんです。

初期化するということは、データも一旦は全て消えてしまうということ。

大切なデータを守るためにも、iOSをアップデートされる際は、

念のため、アップデート前にデータのバックアップを作成されることをお勧めいたします。

 

②iPhone単独でアップデートを行うなら、Wi-Fi環境とiPhone

①でご紹介した「アップデートエラー」なんですが、

iPhoneをPCに接続してアップデートされたユーザーからのご相談よりも。

iPhone単独でWi-Fiを利用してアップデートされたユーザーからのご相談の方が多いんです。

お話をお聞きしていると、

「アップデート中にWi-Fi接続が一旦途切れたみたいで・・・」

「アップデート中、うっかり充電を忘れていて、途中で電源が落ちたんです」

といった事例が多いんです。

アップデート中にWi-Fiが切断されたり、本体の電源が落ちたりすると、

iOSアップデートが不自然な形で中断されることになり、

それがエラーへと繋がりやすいようです。

そのため、iPhone単独でiOSのアップデートをされる際は、

充電ケーブルにしっかりと接続して、

Wi-Fi環境も事前にチェックした上で行なってくださいね!

 

最後に

毎年秋と言えば、新作iPhoneの発表も定番となってきました。

新型iPhoneもiOS13も、発表が楽しみですね!

今後も、新作iPhone・新機能に関する情報を随時ご紹介していきます。

修理のご相談もご質問も、スマホスピタル新橋駅前店にお寄せください!

 

 

 

 

ios-update-1-718x425-300x178 iOS13が発表!どんな機能が追加されるのか??

スマホスピタル新橋駅前店

〒105-0004
東京都港区新橋2丁目16-1 ニュー新橋ビル4F

TEL 03-6206-1533

営業時間 10:00~21:00 (最終受付20:30)

URL https://iphonerepair-shinbashi.com/

 

shinbashi-1

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル新橋駅前店の詳細・アクセス

〒105-0004
東京都港区新橋2丁目16-1 ニュー新橋ビル4F

営業時間 10時〜21時(無休)

電話番号 03-6206-1533

E-mail info@iphonerepair-shinbashi.com

オンライン予約 スマホスピタル新橋駅前店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 新橋

03-6206-1533 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 新橋

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 新橋

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 新橋
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル